ジャケット

オンオフともに即戦力!カジュアルな新定番シャツジャケットの魅力とは

こんにちは!ファッションデザイナーの江森です。

あなたは、「シャツジャケット」という名前を聞いたことがありますか?

お店でシャツのような薄くて軽い素材でつくられたジャケットを見たことがありませんか?

シャツジャケットとは、シャツ素材やシャツ工場でつくられたジャケットのことを呼びます。

この記事では、春夏の定番アイテムになりつつあるシャツジャケットについてプロの目線でわかりやすくご紹介していきたいと思います。

シャツジャケットとは?

シャツジャケットとは
出典: Kent Wang

春夏シーズンになると、ファッション誌などでもシャツジャケットが取り上げられるようになりますが、実際どんなものなのでしょうか?

ここでは、「シャツジャケットとは何か?」について詳しく解説していきたいと思います。

1-1.オススメしたいシャツジャケットは?

まず最初に詳しく解説する前に個人的にオススメしたいシャツジャケットを2着ご紹介したいと思います。

LARDINI(ラルディーニ)のシアサッカーストライプシャツジャケット

LARDINIのシアサッカーストライプシャツジャケット
https://www.beams.co.jp/

T-JACKET(ティージャケット)のコットンリネンシャンプレーシャツジャケット

T-JACKET(ティージャケット)のコットンリネンシャンプレーシャツジャケット
https://www.beams.co.jp/

1-2.シャツジャケットの定義について

シャツジャケットとはどんなジャケットなのでしょう?その定義については大きく3つあります。

  1. シャツに使用される薄手の素材でつくられたテーラードタイプのジャケット
  2. シャツ工場で縫製されたテーラードタイプのジャケット
  3. アウター感覚で羽織ることのできるシャツ

以上の3つのタイプを総称して”シャツジャケット”と呼ばれていますが、この記事では、①と②のジャケットタイプを中心に取り上げていきたいと思います。

1-3.シャツジャケットの仕様について

シャツジャケットの仕様

シャツジャケットの特徴としては、裏地が全くないことや、スーツのラペルや胸の部分に使われる毛芯などが使用されていないことなどが挙げられます。

シャツのように軽いジャケット”がコンセプトになっているので、ボタン以外の付属物が極力使われていないタイプが多くなっています。

1-4.シャツジャケットとアンコンジャケットの違いについて

シャツジャケットとアンコンジャケットの違い

軽く仕立てられたジャケットには、アンコンジャケットもありますが、シャツジャケットとはどう違うのでしょうか?下記の表にその違いをまとめてみました。

  シャツジャケット&アンコンジャケットの違い一覧表

  肩パットの有無 背裏と袖裏の有無 毛芯の有無 使用される素材
シャツジャケット なし なし なし シャツ地のような薄い素材や薄手の起毛ウール
アンコンジャケット なし 付いているタイプもあり 付いているタイプもあり ウール、綿、ジャージー、などの様々な素材

上記の表のようにアンコンジャケットの中には、裏地や毛芯などを使用したタイプもありますが、シャツジャケットでは、全く使われないケースが一般的です。

アンコンジャケットはウールなどの素材でつくられる場合もあり、少しキレイめなイメージも残していますが、シャツジャケットは、シャツのような素材でつくられる場合が多いのでカジュアルなテイストになります。

シャツジャケットのメリットは?

シャツジャケットのメリット

シャツジャケットにはどんなメリットがあるのでしょうか?

下記の4つのメリットについて解説していきたいと思います。

  1. とにかく軽く着ることができる
  2. オールシーズンで着ることができる
  3. オンオフ兼用でも着ることができる
  4. 取り扱いが楽チンである

2-1.とにかく軽く着ることができる

様々なジャケットの中でもシャツジャケットが一番軽いつくりになっています。

ほぼ素材の重さだけがジャケットの重量になっているので、非常に軽くて着るというよりも羽織る感覚で着こなすことができます。

doctor X
doctor X
私もシャツジャケ好きで良く着ているのですが、軽さに慣れてしまうとアンコンジャケットでも重たく感じることがあります!

2-2.オールシーズンで着ることができる

シャツ素材ということもあり、以前は春夏シーズン中心に展開されていましたが、最近では暖冬の影響もあり秋冬でも展開されるケースがでてきています。

薄手のフランネルなどの起毛感ある素材でもシャツジャケットで仕立てることで、普通のジャケットより軽くつくることができますので、”シャツジャケット=春夏”というイメージからオールシーズンへと変わりつつあります。

doctor X
doctor X
ランネルなど起毛素材は見栄えもよいのですが、裏地がないとすべりが悪く着にくくなるケースもあるので購入する際は必ず試着して要チェックです!

2-3.オンオフ兼用でも着ることができる

デザインもパッチポケットなどでつくられているケースが多いので、デニムやTシャツに合わせた休日のキレイめカジュアルスタイルを演出することができます。

又、ドレスコードが厳しくない会社であれば、インナーにシャツをスタイリングすることで蒸し暑い夏をスマートに乗り切る快適なクールビズスタイルが完成するなど、オンオフ兼用で着ることも可能です。

doctor X
doctor X
私も毎年5月以降で気温が上がってくると、シャツジャケット×シャツ、シャツジャケット×Tシャツなどオンオフ兼用でジャケパンスタイルを楽しんでいます!

2-4.取り扱いが楽チンである

シャツ素材でつくられているタイプが多いので、ウール素材でつくられたジャケットなどと比較すると取り扱いが楽チンです。

シャツ素材特有の薄さやソフト感があり、コットンやリネンなどの天然素材が多いので、防シワ性などの機能性はありませんが、その分シワがあまり気にならないナチュラルな着心地感を楽しむことができます。

doctor X
doctor X
移動中の新幹線の荷台や運転中の車のシートなどに”ポン”と置いても気にならない気楽さがあり”Good”です!

シャツジャケットのデメリットは?

シャツジャケットのデメリットについてはどうでしょうか?

あえて下記の3つのデメリットについても解説してみたいと思います。

  1. カジュアル感が強いので高級感には欠ける
  2. オフィシャルなビジネスシーンでは使いにくい
  3. 天然素材タイプが多いため、防シワ性には欠ける

3-1.カジュアル感が強いので高級感には欠ける

シャツ素材などでつくられているケースが多いため、カジュアル感がある反面、エレガントさには欠ける部分があります。

ウール素材などの持つ光沢感やドレープ性あるタッチなどの高級感やドレッシーさが好きな人にとっては、合わない部分もあります。

3-2.オフィシャルなビジネスシーンでは使いにくい

オンオフ兼用できるカジュアルテイストですが、オフィシャルなビジネスシーンでは使いにくいという難点があります。

近年、クールビズの影響もありビジネススタイルのカジュアル化が進んでいますが、一般的なビジネスマンにはまだ少しハードルが高い部分でもあります。

3-3.天然素材タイプが多いため、防シワ性には欠ける

コットンやリネンなど天然素材が使われていることが多いため、防シワ性などの機能性には欠ける難点があります。

シャツジャケットの特性上、シワを気にするというよりも自然なシワの入り方も含めて着心地を楽しむことがコンセプトなので、機能性を重視する人にはニーズが合わない部分もあります。

シャツジャケットを選ぶポイントは?

シャツジャケットを選ぶポイント
出典: Kent Wang

実際にシャツジャケットをお店で購入する際に大事な点はなんでしょうか?

購入する際に重要な3つのポイントは下記になります。

  1. ストレッチ性がある素材かどうか?
  2. 着たときに襟は、しっかりと首に馴染んでいるか?
  3. 着用する際には、スムーズに袖が通るか?

4-1.ストレッチ性がある素材かどうか?

シャツジャケットは、シャツ素材などでつくられる場合が多いので、必ずしもストレッチ性がマストではありません。

とはいえ、動きやすさを考えればストレッチ性があったほうがよいので、お店でハンガーに掛かった状態や試着の際には必ず製品を引っ張ってストレッチ性の有無を確認することがポイントです。

4-2.着たときに襟は、しっかりと首に馴染んでいるか?

シャツジャケットはシャツ工場や少しカジュアル向けの工場でつくられている場合が多く、スーツ工場などと比べると襟のつくり方が簡素化されているので、着用した際に襟が首に沿わず後ろに浮いてしまうことがあります。

カジュアルなシャツジャケットといえども襟がしっかり首に馴染むことは大変重要なので、試着の際は、鏡に映った姿を見てよくチェックしてみて下さい。

doctor X
doctor X
首にしっかり馴染んでいれば、かなり”買い”と言えます。!

4-3.着用する際には、スムーズに袖が通るか?

裏地が全く付いていないタイプは、素材によってはすべりが悪くて背中や袖通りがモタつく場合があります。

これも素材によってある程度の差があるので、試着の際にはスムーズに着ることができるかを十分チェックしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上のようにシャツジャケットは、主にセレクトショップや百貨店ブランド、イタリアのインポートブランドなどで商品が販売されていますので、この記事を参考にしていただいてよい買い物が出来ることを願っています。